外壁塗装 悪質業者

外壁塗装をやるなら悪質業者に注意?その手口と見分け方

外壁塗装をやるなら悪質業者に注意?その手口と見分け方

 

外壁塗装について調べていると、悪質業者に騙されないようにという注意をよく見かけます。ここでは、悪質業者の見分け方とよく使われる手口について解説します。

 

 

 

外壁塗装工事は品物と違って定価がないため、業者による価格差が大きいと言われています。高額だからといって悪質業者とは言えませんが、相場とかけ離れた見積もりを出す業者は疑った方が良いかもしれません。

 

 

 

表面的には綺麗に仕上がっていても、実は手抜きという業者もいます。施工完了後すぐに手抜きが発覚しにくいのも悪質な業者が多い理由でしょう。

 

 

 

契約時に提示した塗料を適切に使用しているかは、施工主がわかりにくい部分でもあります。依頼する業者が信頼できるかどうかは大事な家を守るために最も注意したい点です。

 

 

 

外壁は通りすがりでも見える部分のため、悪質業者の多くは突然訪問してきて外壁の問題点を指摘します。危機感を煽るように契約を迫ることもあり、勢いに負けてしまう人も多いようです。

 

 

 

放っておくと家がダメになると言われれば不安になるのは当然ですが、1日や2日で家全体が危なくなることは考えられません。どれほど急かされても訪問営業の外壁塗装業者との契約はしない方が安心です。

 

外壁塗装をやるなら悪質業者に注意?その手口と見分け方

 

もし不安であれば、自分が選んだ業者に見てもらって必要であればそこで外壁塗装を検討すれば良いだけです。必要以上に不安にさせる業者、突然訪問してくる業者は悪質業者だと考えて間違いないでしょう。

 

 

 

外壁塗装には様々な工程があり、それらは全て費用に含まれています。悪質業者は工程を省くことで利益を増やすことも少なくありません。外壁の汚れを落とすための高圧洗浄や、塗料のつきを良くするための下地処理は大切な工程です。

 

 

 

また、工期を短くし人件費を浮かせるために乾燥時間を短くして施工する業者もいます。これらの工程での手抜きは見ていてもわかりづらいため、悪質な業者がよく使う手口と言われています。

 

 

 

使用する塗料は契約書通りでも水で薄めて使用量を減らす業者もいます。素人だからわからないだろうと、色々な工程で手抜きするのは悪質業者の常套手段です。

 

 

 

最初に信頼できる業者を選ぶことで、外壁塗装に関するトラブルを避けることができるでしょう。

 

 

 

悪質な業者を選ばないためには、まず訪問や電話などでしつこい営業をかけてくるところを避けるのが一番です。自分で探した業者でも、ネットで悪い噂がないかなどを事前に調べておけば契約後に失敗したと思うこともないはずです。