外壁塗装 賠償保険

安心して外壁塗装を行うなら賠償保険に入っている業者を選ぼう

安心して外壁塗装を行うなら賠償保険に入っている業者を選ぼう

 

外壁塗装工事は家全体に関係する工事であり、近隣にも様々な損害を与える可能性があります。業者が賠償保険に入っているかどうかで、万が一の場合の損害をカバーできます。

 

 

 

外壁塗装を行う際には鉄鋼などを使用して足場を組みます。足場の設置作業中に家を傷つけることもありますし、駐車してある車にぶつけることがあるかもしれません。

 

 

 

また、飛散防止ネットを張っていても塗料が飛び散ることがあります。工具を落として通行人にケガをさせたりといった事故も、実際に起こっています。こうしたケースでは業者が加入している賠償保険で対応するのが一般的です。

 

 

 

自宅や家族が被害を受けた場合、近隣に損害を与えた場合に備えて賠償保険に入っているかは必ず確認しましょう。施工主には責任がないとはいえ隣家に損害を与えた場合の謝罪は必要です。

 

 

 

賠償保険には人にケガをさせた、塗料で隣家が汚れたなどの場合を対象とした請負業者賠償責任保険や生産物賠償責任保険があります。

 

 

 

また、作業ミスにより外壁塗装中の建物に損害を与えた、工事中に家事になったなどを対象とした工事対象物補償もあります。人間が行う作業のため、どれほど熟練した職人が行っても事故の可能性はゼロではありません。
安心して外壁塗装を行うなら賠償保険に入っている業者を選ぼう

 

賠償保険でどこまで対応可能なのかについても契約時の確認事項です。良い業者だと思っても賠償保険未加入の場合は、工事を依頼しない方が安心です。

 

 

 

もしもの時には業者と裁判で争うことになりますし、近隣住民と業者の裁判に巻き込まれる可能性もあります。まともな業者であれば普通は保険に加入しているので、そうでない業者を選ぶ必要はありません。

 

 

 

保険は万が一の備えなので使わないならそれが一番ですが、事故が起きてからでは遅いのも事実です。何もなく無事に工事を終えるのが大前提だとしても、やはり保険に加入している業者を選ぶべきでしょう。

 

 

 

トラブルが起きた時のことを想定している会社の方が、逆にトラブルを起こさないよう注意を払っています。賠償保険の加入確認と併せて、これまでに保険を使用したケースがあるのかも確認してみましょう。

 

 

 

損害に対してどう対応したのかがわかれば、業者の顧客に対する姿勢もわかります。事故があった後に再発防止策を取ったのかどうかも併せて聞いておくと、良いかもしれません。

 

 

 

外壁塗装工事を行う際には、思いがけない事故が起こる可能性もあります。金銭的な部分だけでも間違いなく保証されるよう、業者の保険加入についての確認が重要です。