外壁塗装 現場管理費

外壁塗装の作業で発生する現場管理費とは何に使われるの?

外壁塗装の作業で発生する現場管理費とは何に使われるの?

 

外壁塗装の見積書には、現場管理費という項目が設けられることもあります。業者によっては諸経費の中に含まれることもあるようですが、これは何に使われる費用なのでしょうか。

 

 

 

見積書の内訳が詳細に書かれていない場合は、諸経費の中に現場管理費が含まれることが多いようです。また、一般経費と現場経費という分け方をする業者もいますが、ほとんどの業者はこの部分の詳細を明記していません。

 

 

 

しかし、割合で言うと全体の工事費の5%前後を占めるため少ない額とは言えません。気になる場合は質問してみて、納得いかないようであれば値引き交渉しても良いでしょう。

 

 

 

実際の工事には直接関係しない経費が計上されていることもあるので、値引きに応じてくれる業者も多いようです。

 

 

 

こうした不明瞭な支払いについては遠慮せず質問することが大事です。契約してしまったら支払いをしないわけにはいかないため、契約前のチェックが重要です。

 

 

 

現場管理費として記載されている費用が何に使われるのかも、業者による違いがあります。工事を管理する現場監督の給料を現場管理費とする業者もいますが、その場合は適切な経費と言えるでしょう。

 

外壁塗装の作業で発生する現場管理費とは何に使われるの?

 

現場管理者は作業工程の進捗管理や安全、品質管理を行うために重要な存在です。良い職人を揃えたとしても統括する人がいなければ工期が遅れたり、品質に問題が出たりする可能性もあります。

 

 

 

現場監督者は工事全体の責任を負うために配置され、仕上がり確認に立ち会うこともあります。工事中に疑問点がある場合は、現場監督に質問するのがもっとも的確な回答を得る方法です。

 

 

 

諸経費や一般経費などに現場管理費が含まれる場合は、何に使われるかがさらに曖昧になります。業者によっては駐車場代や雑費、消耗品代など全てを現場管理費として計上することもあるようです。

 

 

 

こうした経費は、必ずしも施工主が負担する必要ないものなので詳細の確認は大事です。外壁塗装の費用を細かく出してくれる業者でも、こうした経費についての説明は嫌がると言われています。

 

 

 

詳細がわからない費用は納得できないと言えば、あっさりと値引きしてくれることもあるようです。何となく見過ごしてしまいがちな部分だけに項目だけでなく、それぞれの内容についても確認する必要があるでしょう。

 

 

 

見積もりに記載されているから必要な経費だろうという思い込みは禁物です。現場管理費に限らず何に使われるのかわからない費用については、遠慮せず質問してみましょう。