外壁塗装 リフォーム 相場

外壁塗装のリフォーム相場はどれくらい?補強や張替えについて

外壁塗装のリフォーム相場はどれくらい?補強や張替えについて

 

外壁のリフォームにも色々な種類がありますが、費用があまりかからないのが外壁塗装リフォームです。ここでは塗装リフォームの相場がどのくらいなのか、他の外壁リフォームはどんな時に必要なのかを解説します。

 

 

 

張り替えリフォームは現状の外壁と下地を取り除き、新たな壁材に張り替えるリフォームです。老朽化が進んで塗装を重ねるだけでは、家の耐久性を保てない場合などに行われる工事です。

 

 

 

外壁の材用となるサイディングから張り替えるため、まずは撤去作業が必要で工期も長めになります。新しいサイディングに張り替えることで、住まいとしての快適性が向上し家の耐久年数も上がります。

 

 

 

大掛かりな外壁リフォームとなりますが、外壁の印象を大きく変えたい場合には有効なリフォームです。築年数が古い住宅でも外壁材を変えるだけで遮熱や断熱効果が上がり、エアコンの効きも良くなります。

 

 

 

外壁を補強するために重ね張りリフォームやシーリング打ち替えリフォームを行うこともあります。

 

 

 

重ね張りリフォームの場合は、既存のサイディングやモルタルなどの上に張っていくので費用は張り替えよりも安くなります。家の構造部位影響を与えるような問題がなければ、重ね張りリフォームでも十分です。

 

外壁塗装のリフォーム相場はどれくらい?補強や張替えについて

 

シーリング打ち替えリフォームは、劣化したシーリングを打ち替えることで家の補強を行います。亀裂の生じたシーリングや硬化したシーリングは、家を衝撃から守る機能が低下します。

 

 

 

そのため定期的な打ち替えが必要ですが、自分でシーリング材を購入して打ち替えを行う人もいるようです。

 

 

 

外壁塗装リフォームは、汚れを落とした外壁の塗装を塗り直すリフォームです。使用する塗料によって価格が変わりますが、最も安いアクリル系塗料を使用した場合の相場は平米当たり1000円〜2000円になります。

 

 

 

最近の住宅で使用頻度の高いシリコン塗料は少し高めで、平米当たり2000円〜3000円、フッ素塗料は5000円前後が相場です。耐用年数の長い塗料ほど平米当たりの相場は高くなりますが、外壁塗装リフォームの頻度は10年〜15年に一度です。

 

 

 

アクリル系塗料の場合は、4〜5年ほどで再度リフォームが必要になります。どの塗料を使用するのかによって耐用年数が大きく違ってくるので、塗料選びは慎重に行いましょう。

 

 

 

外壁リフォームは、工事が大掛かりになるほど費用が掛かります。どの方法でもリフォームには相当の費用が必要なので、じっくりと業者や方法を検討しましょう。