外壁塗装 見積 内訳

外壁塗装の見積をしてもらったら内訳を詳しくチェックしよう

外壁塗装の見積をしてもらったら内訳を詳しくチェックしよう

 

外壁塗装の契約前には、業者から見積を出してもらい費用の内訳を確認しましょう。見積書には決まった書式があるわけではなく専門用語も多いので、正しく判断するための基礎知識を身に着けておくことが大事です。

 

 

 

外壁塗装業者の広告を見ていると、工事一式という表記で価格を出していることも少なくありません。一式に何が含まれるのかは業者による違いもあるので、内訳で確認する必要があります。

 

 

 

見積依頼をした場合でも、多くの項目をまとめて一式と表記する業者が多いようです。詳細な内訳を依頼しても出してくれない業者との契約はトラブルの元なので、こうした業者は避けるべきです。

 

 

 

本来であれば全ての材料や工程に価格がつくのが外壁塗装工事なので、内訳は詳細なほど業者選びの参考になります。

 

 

 

工程の一部が無料となっていると一見サービスのようにも思えますが、他の費用に上乗せされていることがほとんどです。用語や金額について不明瞭な部分は営業マンに確認しましょう。

 

 

 

外壁塗装の内訳は足場や養生、高圧洗浄、塗装などに分かれています。内訳とは別に明細書を作成してさらに細かく費用の詳細を記載する業者もいます。

 

外壁塗装の見積をしてもらったら内訳を詳しくチェックしよう

 

明細があれば、どんな工事が含まれているのかわかるので必要な工程が省かれていないかの確認にもなるでしょう。塗装の工程には下地やクラック処理、下塗り、中塗りに加えて最終仕上げとなる上塗りが必要です。

 

 

 

下塗りはシーラーやフィラーと表記されることもあるので、基本的な用語をネットで調べておくのも良いかもしれません。

 

 

 

使用する塗料のメーカーや種類も内訳に記載してもらいましょう。塗料の種類は価格に大きく関わる部分なので明確にしておくことが重要です。

 

 

 

内訳の確認と同じくらい大事なのが実際に内訳通りの塗料を使い、工程通りに行われているかの確認です。外壁塗装に詳しくなければ見ただけではわかりにくいですが、内訳を参考にすればある程度理解できるでしょう。

 

 

 

また、見積もりと同時に工程表を出してくれる業者もいるので、工期が順調かチェックしましょう。

 

 

 

工程ごとに細かく分けられた内訳や工程表を出してくれる業者であれば、手抜きの心配もなさそうです。わからないことが多いだけに、安心材料を揃えてくれる業者選びが重要なポイントとなります。

 

 

 

見積書の合計金額が安く思えても、内訳が不明瞭な場合は追加料金で予算を超えることもあります。最初に決めた予算内で納めるためにも見積の際の内訳確認は必須です。