外壁塗装 訪問営業

外壁塗装の訪問営業には頼んではいけない?見分け方とは

外壁塗装の訪問営業には頼んではいけない?見分け方とは

 

外壁塗装の訪問営業については、トラブルが多いためお勧めできないという意見が少なくありません。ここでは訪問営業で外壁塗装を依頼する際に、良い業者とそうでない業者を見分ける方法についてお伝えします。

 

 

 

一戸建ての外壁は塗装業者の訪問営業のターゲットになりやすく、しつこい営業に悩まされている人も少なくありません。本来であれば簡単な補修で済む外壁のひび割れも、危険だと言って不安を煽ることもあるそうです。

 

 

 

自分の家が危ないと言われて、のんびり構えていられる人はいないでしょう。それに乗じて契約を急がせるというのは、訪問営業でよく使われる手法です。

 

 

 

契約を渋っていると大幅な値引きを提示してきたり、割引は今日限定などと言ってさらに焦りを感じるように仕向けてきます。訪問営業で外壁塗装を依頼する場合、他の業者との比較ができず割高な契約をすることにもなりかねません。

 

 

 

訪問営業だからといって、全てが悪質で技術力のない業者とは限りません。もちろん、営業成績が給料に直結するのでしつこいほど粘る営業マンもいます。

 

 

 

ただ、営業の方法が強引でも塗装工事の施工に問題がないと判断できれば契約しても失敗したと思うことはないでしょう。

 

外壁塗装の訪問営業には頼んではいけない?見分け方とは

 

良い営業マンかもしれないと思ったら、見積書の作成を依頼するところから始めてみましょう。すぐに契約させるのではなく、顧客にわかりやすい見積書を作成してくれる業者なら信頼できます。

 

 

 

工事の内訳などで不明な点がある場合は、納得できるまで営業マンに質問をすることも大事です。そこで誠意のある対応ができるのであれば、訪問営業でも問題はないでしょう。

 

 

 

訪問営業でも自分で探した業者でも良い業者と悪い業者を見分ける基本は同じです。相場に見合った見積書、工事の内容がわかりやすく記載された内訳や工程表を作成できるかは重要なポイントです。

 

 

 

家の現状を大げさに伝えて危機感を煽る業者は止めておいた方が無難でしょう。客観的な事実として問題点を指摘してくれるのであれば、話を聞いておいて損はありません。

 

 

 

迷っている顧客に対して無理に契約を迫る業者は論外です。顧客の目線に立って外壁塗装の提案ができる営業マンであれば、訪問営業だとしても契約後のトラブルの心配はなさそうです。

 

 

 

ネットの口コミなどでも訪問営業についての良い噂が極端に少ないのは事実です。とはいえ、全ての人が訪問営業で失敗したという訳でもないので、業者を見極めるための知識を持っておく必要があるでしょう。