外壁塗装 ヘアークラック

ヘアークラックを見つけたら外壁塗装を塗り直すべき?

ヘアークラックを見つけたら外壁塗装を塗り直すべき?

 

外壁塗装が劣化すると、ヘアークラックと呼ばれる小さなひび割れが発生します。ヘアークラックを見つけたら外壁塗装のタイミングなのでしょうか、それとも他の対策でも問題ないのでしょうか?

 

 

 

ヘアークラックはその名の通り、髪の毛ほどの細く小さなひび割れです。ひびには色々な種類がありますが、ヘアークラックは幅0.3mm以下、深さ4mm以下のひび割れと国土交通省で定められています。

 

 

 

それ以上のひび割れについては構造クラックとなり、家の構造に影響を及ぼす可能性があります。ヘアークラックは表面的なひび割れのため、家の構造にすぐ影響する心配はありません。

 

 

 

かなり近づかないとわからない程度なので、外観にもさほど影響せず雨水が内部に侵入する事もないでしょう。外壁塗装には下地が施されており、表面がひび割れているからといって早急に塗装を塗り直す必要はないと言われています。

 

 

 

ほとんどのヘアークラックは、シーリング材と弾性塗料で簡単に補修できるので問題ありません。弾性塗料は家に衝撃が加わっても揺れに合わせて伸縮するため、ひび割れの補修に適しています。

 

 

 

また、極微細なものであれば通常の塗料を上塗りするだけでも補修できます。ヘアークラックの場所によってはコンクリートやパテで補修しても問題ありません。

 

ヘアークラックを見つけたら外壁塗装を塗り直すべき?

 

どんな補修方法が良いのか、本当に補修だけで良いのかを素人が判断するのは困難です。自分で補修する人もいますが、信頼できる業者にヘアークラックの安全性について診断してもらった方が良いでしょう。

 

 

 

ヘアークラックの多くはすぐに家の構造に影響を与えるものではないものの、場合によっては危険なヘアークラックもあります。同じ場所に複数のヘアークラックが生じた場合、そこから塗装が剥がれる可能性もあります。

 

 

 

ヘアークラックが繋がり大きなひび割れになることも考えられるでしょう。前回の塗装から相応の年数が経っているのであれば、ヘアークラック程度でも塗り直しを検討したほうが良いかもしれません。

 

 

 

外壁塗装をしてから早い段階で現れるヘアークラックは施工不良の場合も考えられます。工事を請け負った業者に連絡を取り、確認してもらうようにしましょう。外壁工事終了後、しばらくは表面に変化がないかを見ておくことが大事です。

 

 

 

ヘアークラックがあるからといって慌てる必要はないものの、適切な補修や経過観察は必要です。心配であれば、専門の業者に塗装の状態を確認してもらうと良いでしょう。