外壁塗装 何日かかる

外壁塗装が終わるまでに何日かかる?工期中の過ごし方は?

外壁塗装が終わるまでに何日かかる?工期中の過ごし方は?

 

外壁塗装を依頼する前には、何日かかるのかといった点が気になる人も多いかもしれません。様々な条件で必要な日数は変わってきますが、ここでは工程ごとに必要な日数の目安と工期中の過ごし方についてお伝えします。

 

 

 

外壁塗装中は家全体をシートで覆うことになるので、窓も開けられず玄関からの出入りも不便です。洗濯物や布団が外に干せなくなるといった点で、生活にも影響が出るのは避けられません。

 

 

 

また、外が覆われているので普段以上に防犯に気をつけたほうが良いとも言われています。空き巣や泥棒が家の敷地に入りこんでも、シートが目隠しになってしまうからです。

 

 

 

外壁塗装中に長く家を空けることはないと思いますが、在宅中でも戸締りは厳重に行ってください。

 

 

 

窓を開けると塗料の臭いが部屋に染みつくこともあるため、窓は閉めておいた方が良いでしょう。作業中でもエアコンは使用できるので、部屋の中でいつも通り過ごすことが可能です。

 

 

 

外壁塗装のためには足場が必要になりますが、足場を組むだけでもほぼ丸1日かかります。その後に外壁の状態を確認し、必要に応じた修繕や高圧洗浄を行い塗装の下準備をします。

 

外壁塗装が終わるまでに何日かかる?工期中の過ごし方は?

 

高圧洗浄後は外壁を乾燥させるため作業を中断しますが、この期間は通常1日〜2日です。塗料は3回塗りが基本ですが、その都度塗料を定着させるための乾燥が必要になります。

 

 

 

まれに工期が1週間という業者もいるようですが、相当数の職人を導入しても乾燥に必要な日数の短縮には限度があります。乾燥を怠ると塗装が剥がれやすくなるので、結局やり直すことになるため短期間で施工すると謳う業者には注意しましょう。

 

 

 

全工程が完了して、引き渡しまでの平均的な期間は2週間ほどです。天候によっては10日程で終わることもありますし、逆に2週間以上掛かることもあります。

 

 

 

工期中も家の中では普段と同じように過ごせますが、不便な点は増えます。また、外出にも気を使うので工期に合わせて家族の予定を組んでおくと良いでしょう。

 

 

 

天候が安定している時期に外壁塗装を始めると大幅な工期延長の心配もありません。外壁工事依頼の際には、工期の目安を参考にいつから始めるかを考えると最短の工期で完了させられるでしょう。

 

 

 

外壁塗装に何日かかるかは様々な条件に左右されるため、数日間の余裕は見ておいた方が良さそうです。目安になる日数を知っていれば、短期間で施工することを条件に契約を急がせる怪しげな業者を避けることもできるでしょう。