外壁塗装 何年ごと

外壁塗装は何年ごとに行うべき?寿命チェックの方法とは

外壁塗装は何年ごとに行うべき?寿命チェックの方法とは

 

外壁塗装は風雨や日光の影響で劣化しやすいため、定期的に塗り直しが必要になります。今回は何年ごとに外壁塗装をすれば良いのか、自分でできる外壁塗装のチェック方法と併せてお伝えします。

 

 

 

新築の家は外壁のひび割れや剥がれなどもなく綺麗ですが、数年も経つと少しずつ劣化していきます。一般的には10年ごとに外壁をやり直すのが良いと言われますが、これは使用した塗料によっても異なります。

 

 

 

また、環境や天候など様々な条件で外壁塗装の劣化状況は変わるため、あくまでも目安と考えましょう。10年経つ頃には、外壁以外の部分もメンテナンスが必要になり始めます。

 

 

 

家全体を見直す時に、外壁塗装が必要かどうかを考えても良いかもしれません。外壁塗装の劣化を放置しておくと家の傷みが進行し、外壁塗装だけの修繕では済まなくなります。また、塗装しようと思った時に修繕箇所が増えて費用がかさむ原因にもなります。

 

 

 

中古住宅を購入した場合、前回の外壁塗装がいつだったのかわからないこともあります。そういう時には自分の目で見て、外壁塗装が必要かどうかを判断しましょう。

 

 

 

外壁にひび割れや剥がれが目立ってくると、防水などの役目を果たさなくなる可能性もあります。塗料の防水効果が低下すると、壁を触った時に粉がつくチョーキング現象が起こります。

 

外壁塗装は何年ごとに行うべき?寿命チェックの方法とは

 

このような状態になった時は、ひび割れや剥がれが目立たなくても外壁塗装のタイミングだと考えて良いでしょう。

 

 

 

雨が多い地域や外壁でも、日陰になりやすい部分にはカビや苔が生えることもあります。壁の内部まで侵入しないうちに外壁塗装を行わなければ、家が傷むので気をつけましょう。

 

 

 

外壁塗装に使われる塗料の耐久年数はアクリル塗料、ウレタン塗料で5年〜8年、フッ素塗料で20年ほどです。ただし、これは一般的な住宅環境、平均的な気温や降水量を元にした耐久年数の目安となります。

 

 

 

また、施工業者の技術的な問題で耐久年数が短くなることもあります。外壁塗装を自分で依頼する時には、耐久年数を検討して塗料選びを行うことが大事です。

 

 

 

アクリル系塗料に比べて倍近い耐久性があるフッ素系塗料は、価格も倍近くなります。それが必ず20年持つわけではないという可能性についても考えておきましょう。

 

 

 

外壁塗装を何年ごとに行うべきかは、使用している塗料の耐久年数が一つの目安となります。それ以外にも自分自身で見て外観を損ねると思う点があれば、外壁塗装のタイミングと思って良いかもしれません。