外壁塗装 失敗例

外壁塗装でよくある失敗例・トラブル例と対処法について

外壁塗装でよくある失敗例・トラブル例と対処法について

 

外壁塗装は職人さんが行うので失敗するわけはないと思うかもしれませんが、様々な失敗例やトラブルがあります。良い業者を選ぶためにも、よくあるトラブル例とその対処法を知っておくと安心です。

 

 

 

外壁塗装で多いのが費用に関するトラブルですが、失敗の原因は様々です。長く外壁塗装をしていなかったために補修箇所が想像以上に多く、予算を大幅に上回ってしまうこともあります。

 

 

 

これについては、目立つひび割れや塗装の剥がれがなくても定期的なメンテナンスを行うことで最終的な費用を抑えることが可能です。費用のトラブルでは追加費用に関するものも少なくありません。

 

 

 

見積もりに入っていない箇所の修繕や塗装を行い、後で追加費用を請求する業者もいます。内訳を確認し、それ以外の工事については施工主に許可を得なければ行わないなど契約書に記載しておくことでトラブルを防げます。

 

 

 

近隣住民とのトラブルも外壁工事では多い事例と言われています。足場を組む際の騒音や、塗料の臭いで近所に迷惑をかけることが事前にわかっているので対策が必要です。

 

 

 

ほとんどの業者は近所への挨拶回りをしてくれますが、自分たちでも迷惑がかかる範囲への挨拶は忘れないようにしましょう。近隣とのトラブルが訴訟問題にまで発展する可能性はゼロではありません。

 

外壁塗装でよくある失敗例・トラブル例と対処法について

 

どの家にも必要な外壁塗装工事ですが、お互いさまで済ませるのではなく近所への配慮は必要です。長く住み続けるための外壁塗装で、近所の人と気まずくならないよう注意しましょう。

 

 

 

外壁塗装完了後の仕上がりに満足できないという失敗例もあります。業者の手抜き工事が原因のこともありますし、イメージ違いということもあります。数カ月後にひび割れや剥がれが出始めた時には、施工不良と言えるので業者に対応してもらいましょう。

 

 

 

契約時には施工不良にどのような対応をしてもらえるのか書面に記しておくことが大事です。また、優良な業者は施工後の保証期間を設けています。

 

 

 

保証期間内であれば塗装のやり直しも無料で行ってくれることが多いので、保証内容についても確認しておきましょう。仕上がりがイメージと違うというのは色選びの失敗とも言えます。

 

 

 

カラーシミュレーションを参考に後悔しないよう慎重に塗料の色を選ぶことで、満足のいく仕上がりになるはずです。

 

 

 

どんなに気をつけていてもトラブルを完全に防ぐことはできません。ただし、失敗例を知っておくことでトラブルを最小限に抑えることは可能でしょう。