外壁塗装 最安値

とにかく外壁塗装を最安値で済ませたい場合のチェック項目

とにかく外壁塗装を最安値で済ませたい場合のチェック項目

 

外壁塗装にかかる費用には相場があり、あまりにも安すぎる業者は危険だとも言われています。ただし、相場にも最安値から最高値までの大きな開きがあるため、内容をきちんと確認して最安値業者を選びましょう。

 

 

 

外壁塗装の価格は、平米当たりの単価に塗装面積を掛けて算出できます。塗装面積が広ければ高くなるのは当然ですが、面積を減らすわけにはいきません。

 

 

 

そのため、平米当たりの単価が安い業者を選ぶことが第一のポイントとなります。平米当たりの単価には塗料や足場の材料費に加えて、人件費や業者の利益などの定価のない価格が含まれます。

 

 

 

これを安く抑えるためには中間マージンが必要になることも多いメーカーや、大手の業者を避ける必要があるでしょう。

 

 

 

とはいえ、相場を大幅に下回る価格を提示する業者は要注意です。あくまでも平均的な相場の価格内での最安値業者を選ぶのが失敗しないコツです。

 

 

 

最安値で外壁塗装を行うために欠かせないのが相見積りです。複数の業者の価格や費用の内訳を確認することで、実際に必要な額の目安にもなります。格安で塗装を行う業者の中には、必要な工程を省くことで金額を下げる悪質な業者もいます。

 

 

 

結局は補修が必要になったりと高くつくことにもなるので、見積もりに何が含まれているのかは必ず確認してください。使用する塗料のメーカーや量も重要なチェック項目です。

 

とにかく外壁塗装を最安値で済ませたい場合のチェック項目

 

面積に比べて使用する塗料の量が少ないところは、いくら安くても信頼できる業者とは言えません。見積もりの中に一式という表記が多い業者についても、あまり信用はできないでしょう。

 

 

 

経費削減をして格安施工する良心的な業者もありますが、それでも相場から大きく外れることは考えられません。安全性や外壁塗装の仕上がりに配慮した工事をするには、一定の費用が掛かるのが当然です。

 

 

 

信頼できない格安業者の場合、追加費用を不当に請求して儲けようとすることもあります。見積もりをもらった場合には、追加費用が発生する可能性についても確認しておくことが大事です。

 

 

 

後でトラブルにならないよう口約束ではなく書面として残しておくという点にも気をつけてください。施工完了後のアフターケアが付いているかどうかも重要です。安い業者ほど付いていないことが多いので、付けてもらえるかどうか交渉してみましょう。

 

 

 

外壁塗装を安心して安く済ませるには、契約前の確認が大切です。工事内容に不足がないか、不明な料金が含まれていないかをしっかりチェックしておきましょう。