外壁塗装 工程 日数

何をするの?外壁塗装の工程と必要な日数を知っておこう

何をするの?外壁塗装の工程と必要な日数を知っておこう

 

外壁塗装の日程は、塗装面積や塗装前に必要な工程などによって必要な日数が変わってきます。着工から引き渡しまでの大まかな流れや日数について知っておくと、依頼する際の不安も少しは軽減できるでしょう。

 

 

 

外壁塗装を行う際には家の周囲に足場を組んだり、飛散防止ネットを張ったりするため来客などがあると不便です。職人さんがいる間に家を空けるわけにもいかないので、契約前には着工日と引き渡し日をきちんと確認しておきましょう。

 

 

 

外壁塗装は天候に左右されるので必要な日数には違いがありますが、一般的には2週間前後と言われています。劣化状況によっては塗装に入る前の工程に時間がかかるので、これより長くかかることもあります。

 

 

 

塗装面積が狭くても家の状態が良くても、10日以下で完了することは通常では考えられません。業者の提示する工期が平均よりも極端に短い場合は、施工前に理由を聞いておくと良いでしょう。

 

 

 

外壁工事の工程は足場を組んだり、シートを設置したりする準備作業から始まります。この際、騒音などが発生するので近隣の住民には事前に知らせておいた方が良いでしょう。

 

 

 

自社で足場を組めない塗装業者の場合、足場の設置は専門の業者が行うことになります。足場を組んだ後は汚れを落とすための高圧洗浄を行い、最低24時間は乾燥させた後に塗装に入ります。

 

何をするの?外壁塗装の工程と必要な日数を知っておこう

 

天候によってはこの段階で3日、4日とかかることもあるので、外壁塗装の依頼は天候の安定した時期がお勧めです。乾燥が終わったら塗料の定着をよくするための下地調整を行います。ひび割れなどがある場合は同時に補修も行い、塗装面を平らに整えます。

 

 

 

塗装は基本的に3回塗り重ねるため下塗り、中塗り、上塗りの工程に分かれており、その都度乾燥させるための時間が必要です。

 

 

 

下塗りは専用の塗料で行いますが、中塗りと上塗りは同じ塗料を使うことも多いので、工程を省いても気づきにくいかもしれません。きちんと3回塗り重ねているかは工程表を見ながら、工事を監督していれば確認できるはずです。

 

 

 

同じ塗料でも微妙に色味の違う物を、中塗り用と上塗り用に指定しておくと手抜きの心配もありません。施工主が点検を行い、気になる部分がなければ足場を解体して塗装工事の全工程が完了です。

 

 

 

外壁塗装の工程は素人が見ていてもわかりにくい部分が少なくありません。工程表をもらった時に不明な点を確認し、実際の工事と照らし合わせることで工事後のトラブルも減らせるでしょう。